記事一覧

404.php を作成する

 posted by suzu
テンプレート作成のススメ

今回は、リクエストされたページがなかった際に表示する
404.php を作成します。
不正なパラメータでリクエストがあったり、削除記事に対するアクセスを
処理するために、404エラー (NotFound) を表示するページは
必ず用意しておきましょう。

表示内容は特に難しいものではありません。
レイアウト的には今まで作成した画面と同様ですし、
メインコンテンツ領域の表示を 「404エラー (NotFound)」 を
示す内容に変更するだけです。

以下にソースを示します。

<?php get_header(); ?>

			<div class="post">
				<h2 class="post-title">404 Not Found!</h2>
				<p>お探しのページは存在しません。</p>
			</div>

<?php get_footer(); ?>

これだけです(笑)
single.php を作成する – [1]」 や 「single.php を作成する – [2]」 で作成した
single.php や、「page.php を作成する」 で作成した page.php の
記事表示部分を、「お前の言う記事なんかねぇゾ」 という自己主張に
しているだけですね。
 

これで、当初予定していた一通りのテンプレートが出来上がりました。
作成するテンプレートを整理する」 で拾い出した WordPress テーマに
(最低限) 必要なテンプレートが全て完成したことになります。

ですが、まだこの状態では、まだ WordPress の基本的な機能を使えるだけ
ですので、これからは、もう少し突っ込んだデザインカスタマイズであったり、
SEO 的に有効だと思われる対策であったり、オリジナルウィジェットだったりの
他であまり詳細に解説していないものの Tips 周りを紹介していきます。たぶん。
何からやろうかなぁ・・・
では、また次回・・・

関連記事

eyecatch_template

カスタムヘッダーを表示する – [4]

前の記事 「カスタムヘッダーを表示する – [3]」 までで Wor...

記事を読む

eyecatch_template

header.php / footer.php を作成する

前の記事 「index.php を作成する – [2]」 で、 メイ...

記事を読む

eyecatch_template

カラムレイアウトを考える

テンプレートを書き始める前に、基本的なレイアウト構成を考えてみます。 HTMLで...

記事を読む

カレンダー

2019年7月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP ↑